どんなものの評判が良いのかを知ろう

二日酔い

業界によっては導入が義務付けられているアルコール検知器ですが、自分の所も導入を検討しているという企業もあるのではないでしょうか。そこで気になるのは、どんなアルコール検知器を導入すれば良いのかという事です。一言で業務用アルコール検知器といっても、据え置き型や業務を行うさきにも携帯出来るタイプ等様々なものがありますし、センサーのタイプにも様々なものがあります。そんな多岐にわたる選択肢の中から自社にぴったりのものを選ぶ際には、実際に導入している事業所等での使い心地等の評判を知る事です。自社と同じような業種や業態、会社の規模等の事業所の評判を知る事が、自社に最適なアルコール検知器を選ぶ際の第一段階になります。

費用対効果という点も重要

バツポーズ

また、費用対効果が自社にとってどうであるかという点も確認しなければなりません。正確なアルコール検知の性能や、なりすましが出来ないようなシステム等といった高性能のものを求めている場合にはそれなりの費用と導入までの期間を覚悟しなければなりません。また、アルコール検知器の導入が義務付けられてはいないものの、取引先との接待等が多い企業に関してはエチケットとして精度はそこまでではないものの、携帯出来てどこでもアルコール検知が出来るものを選ぶ等すると良いでしょう。

最も精度が高いとされる方式とは

男女

アルコール検知器は、どのような仕組みでアルコールを測定するものがあるのでしょうか。アルコール測定器の中で最も精度が高い方式として、燃料電池タイプという方式のものがあります。これは呼気の中に含まれるアルコールを酸化させて、その酸化によって変化した電流の強さによりアルコールの濃度を測るという方式です。この方式や、例えばタバコを吸う人等の息からニコチン等の成分を取り除いて測定出来るという、アルコール以外の余分な成分を除去しやすいという利点があります。

その他方式等も色々あります

居酒屋

その他にもアルコール検知器には半導体ガス方式が存在します。このタイプは、呼気に含まれる酸素濃度を測定し、それにより上下する電気における抵抗の値を計測してアルコール濃度を測定するタイプです。精度は若干劣りますが、価格面で手ごろだというメリットが存在します。さらにアルコール測定器には、呼気をストロー等で吹きかけ、大気と混ざり合わないように工夫されているものもあります。ただ、こうしたアルコール検知器ですが、過信は禁物になります。多くのアルコール検知器では問題ありませんが、製品によっては呼気の吹きかけ方や使用回数により濃度の大きな誤差が認められるものもありました。業務用を利用する際には、そのような誤差が大きかった製品でないかという点もしっかり確認しておく必要があるでしょう。

広告募集中